振袖カタログ

知りたい振袖の疑問。

Q1 振袖って、たくさん種類があるの?

Answer

振袖は、祭礼や儀礼的な場面で着用する正装の晴れ着で、特徴は袖の「袂」(たもと)が特に長いことにあります。その長さにより「大振袖」(袖丈114cm前後)、「中振袖」(袖丈100cm前後)、「小振袖」(袖丈85cm前後)と3つの種類に分類されます。袖が長いほど格式が高くなるといわれています

Q2 振袖は、成人式でしか着ることはできないのですか?

Answer

そんなことはありません。そもそも振袖とは、未婚女性だけが着ることができる最も豪華な正礼装の着物です。卒業式や結婚式など様々なシーンでご着用いただけます。ですが、基本的に振袖は未婚女性がきる着物なので、結婚後は着ることはできません。

Q3 当日、振袖が乱れてしまいました。簡単な整え方はありますか?

Answer

背筋を常に伸ばし、小股で歩く。腰をかけるときは浅めに、正座も基本の型を守っていれば、大きく着くずれることはないはずです。でも、長時間の着用で着くずれてしまった場合は、焦らず対処しましょう。

01 襟もとが乱れた場合

上前とした前を合わせて、み八つ口から軽く引っ張って、たるみをなくします。おはしょりも軽く引き下げて整えます。

02 お尻の部分がたるんだ場合

おはしょりをめくって腰ひもの上にたるみ部分を引き上げます。おはしょりを下げて、帯のたれもきちんと直しておきましょう。

03 身八つ口がだぶついた場合

脇を帯揚げの下から引いて整え、親指の先を使って下に押し込みます。くずれ易いところなので、時々チェックしてみましょう。

04 上前が下がった場合

腰ひもが緩んでいたらしっかりと締め直し、上前の襟もとを腰ひもの上に引き上げます。

05 おはしょりがたるんだ場合

おくみの縫い目を真っすぐにしておはしょりを持ち、上下の幅を整えて、余った分を帯の内側と両脇に入れます。

振袖の着きくずれも対処法を覚え、トラブルをカバーしましょう。

Q4 写真撮影の時に、かわいく撮れるポイントはありますか?

Answer

カメラに向かって少し斜めに立ち、顔は正面を向き、重心をつま先にかけて立ちます。カメラを意識すると緊張して、表情や肩などがこわばってしまい、女性らしい優しさが損なわれます。とにかくリラックスして、楽しむ位がちょうどいいでしょう。

目線は

目線は真っすぐカメラに、少しうっとりとした感じで、目ヂカラを感じされるように。

表情は

緊張しては×。リラックスして優しい笑顔を心がけましょう。

姿勢は

背筋をピンと伸ばして、少しだけカメラに向かって斜めに立ちましょう。

おはしょりは

下のラインがキレイに直線になるように、気を付けましょう。

手元は

指先の表情にも気を配って、女性らしい柔らかさと優しさを。

袖は

振袖の袖を持って、キレイな柄を見せるようにしましょう。

裾は

開きすぎていませんか?裾をすぼめるようなシルエットがキレイです。

足もとは

親指をつけるような感じで、後ろを少し開けて内股気味にします。カメラ側の足を少し引くとキレイです。

チェック

後で後悔しないように、いろんなポーズを試してみるのもOK。押さえておきたいのは、座りポーズと後ろ姿、せっかくキレイな振袖とキレイに結んでもらった帯ですから、記念に写真に残しておきましょう。