振袖カタログ

振袖姿を美しく魅せる

POINT01 歩く姿を美しく魅せる

背筋を伸ばして小股で歩く和服姿の美しさは、背筋をしゃんと伸ばしてこそ映えるもの。歩くときも、真っすぐ前をみて、美しい足運びを忘れずに、小股で歩きます。

チェック

おろしたての草履は鼻緒がきつめで、足がいたくなりがち。鼻緒に手を入れて引っぱり、伸ばしておきましょう。

POINT02 階段を美しくあがる

階段を上り下りする場合は、裾から足首が見えないように気をつけて。また、足下を見ていて、背筋が丸くならないようにしましょう。

チェック

着物の裾から足首が見えるのは反則。上前の引き上げ具合も気をつけて。

POINT03 車の乗り降りも美しく

着崩れに気をつけて、車の乗り方を覚えましょう。乗る時は腰・頭・上半身の順で、降りる時は足・頭・体の順で行えば上手にできます。またシートで帯をつぶさないように注意しましよう。

チェック

車内では、帯をつぶさないようにシートに浅く腰掛け、取っ手を持って体を支えましょう。車から降りたら、おはしょりや帯のたれが跳ね上がっていないかなどをチェック。着物の乱れを直しましょう。

POINT04 電車などの乗り物でも

移動は車だけではありません。電車やバスなどでも、袖口などに気を使い、周りの人から美しく見られるように注意しましょう。

チェック

袖口から腕と肘がニョッキリは×。見苦しく品が悪く見えます。洋服の袖と違って、振袖の袖口は大きく開いていますので注意しましょう。

POINT05 美しい立ち方・座り方

和室でのマナー

着物の裾を乱さない美しい立ち方、座り方を覚えましょう。立ち上がる時に裾を踏まないように注意。

座り方

1.座る位置に正しく立ち左足を半歩ほど後に引いて、真っすぐ体を沈めてゆきます。

2.前かがみにならないように気をつけながら、まず左膝を畳につきます。両手は軽くももに当てておきます。

3.裾や袖を踏んでいないか、しわになっていないか確かめながら両膝をつきます。

4.片足ずつかかとを寝かせ、親指を重ねて正座します。膝頭をこぶしひとつ分ぐらい開けておくとらくでしょう。

立ち方

1.まずはきちんとした正座の姿勢から始めます。背筋、首筋を伸ばしましょう。

2.両膝に体重を移してつま先を立てて、腰をかかとに乗せるようにします。あわてて立ち上がらないこと。

3.腰に重心を置いたまま右膝を立てて徐々に踏み出します。前かがみにならないように気をつけましょう。

4.そのまま体をまっすぐにして、ゆっくり立ち上がりましょう。この時、きものの裾などにも注意します。

洋室で椅子に座る

式典や披露宴ではバッグの扱いに困る人も多いようですが、椅子の背もたれに置き、座るようにするとよいでしょう。ゆっくりと静かに所作や動きを行うのが基本です。

チェック

椅子に座る時も、車などと同様に、少し浅めに腰をかけ、大事な帯をつぶさないように注意しましょう。

POINT06 会食のときのマナー

振袖での食事は、周りの人の目も気になります。きものを汚さないかと心配したり、周りの目を気にしていては、せっかくのお料理も美味しく味わえません。ちょっとしたマナーを知って、美しく、美味しく食事を楽しみましょう。

ものを取る時は左手で右の袖下7〜8センチを持ち、静かに右手を伸ばします。

料理は食べやすい大きさに切り、上半身を前傾させてフォークを口に運びます。背筋が丸くならないように注意しましょう。

チェック

コーヒーを飲む時は、砂糖はスプーンに乗せてカップに沈めましょう。
勢いよく入れないこと。飲む時も食事同様に上半身を前傾させ、カップに近づけて飲みます。大切な振袖を汚さないためにも、しっかり注意を払いましょう。

POINT07 トイレでは

振袖を着たときは手を洗ったりトイレを使うなど、水回りの動作でうっかりして、大切な振袖を汚してしまわないためにも、裾や袖をしっかり始末してからが基本。トイレはなるべく洋式を選ぶと楽に動けます。

チェック

手を洗うときは、袖口を2〜3回折り返して、大切な振袖を濡らさないようにしましょう。